海外のホワイトデー事情

ヨーロッパとアジアでは意味が違う?

ヨーロッパやアメリカにホワイトデーはなく、「ポピーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」などと呼ばれています。

 

聖バレンタインが殉死した1ヵ月後に再び愛を誓い合ったことにちなみ、恋人同士がプレゼントを贈りあうことがあります。

 

一部には花を贈る習慣もあるようですが、日本のようなバレンタインの「お返し」の習慣とは意味合いが異なります。
台湾や中国の一部では「白色情人節」と呼ばれ、バレンタインデーにあたる「情人節」、“中華バレンタインデー”ともいわれる旧暦の七夕(8月7日)と、1年に3回の恋のイベントがあります。

 

 

韓国の恋人は記念日が大好き

日本生まれのホワイトデーがもっとも浸透しているのが、お隣の国・韓国です。
最近はエスカレートしてチョコをもらってない男性が意中の女性にアタックすることもあるそうです。

 

そのほかにも、韓国には1年を通じて毎月14日に恋人の記念日があります。
中には恋人ができなかった人のための行事もあるんですよ!みんなで集まることが好きなお国柄が現れていますね。





【韓国の記念日カレンダー】

●1月14日 ダイアリーデー
一年間使う手帳を恋人にプレゼントする日

 

●2月14日 バレンタインデー

 

●3月14日 ホワイトデー

 

●4月14日 ブラックデー

 

2月と3月に何のプレゼントももらえなかった人が黒い服装に身を包み、真っ黒な食べ物であるチャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)を食べます。
運がよければ、その時出会った人と意気投合してカップルになることも

赤いバラ

 

●5月14日 イエローデー& ローズデー
ブラックデーまでに恋人ができなかった人は、この日に黄色い服を着てカレーライスを食べないと恋人ができないと言われているのだとか!
また、5月はバラが満開の季節。恋人との関係を発展させるために雰囲気のいいデートを、ということでバラ祭りにかけてローズデーがつくられました

 

●6月14日 キスデー
5月のローズデーを無事に乗り越えたカップルなら次は当然…、ということでつくられた記念日です

 

シルバー

 

●7月14日 シルバーデー
お互いに銀製品をプレゼントする記念日です。シルバーは「銀(お金)」と「年長者」を意味しており、この日は先輩たちがデート代を出してくれるのだそう。後輩はその場を借りて、周囲に自分の恋人を紹介します

●8月14日 グリーンデー
山へ出かけて暑さをしのぎ、森林浴をする日。その一方で、まだ恋人がいない人たちが「グリーン」という名前の焼酎を飲みながらお互いを慰めあう日です。

 

●9月14日 ミュージックデー&フォトデー
クラブなどの音楽があるところに友達が集まり、恋人をオープンにする日。晴れた秋空の下で恋人同士が写真を撮り、お互いの手帳にはさんだりします。

ワイン

 

 

●10月14日 ワインデー
この日は恋人たちだけのプライベートな記念日で、恋人とワインを飲みながら2人の特別な時間を過ごすのだそうです。

 

 

●11月14日 オレンジデー&ムービーデー
恋人と一緒に感動的な映画を見て、オレンジジュースを一緒に飲む日です。

 

 

●12月14日 ハグデー
恋人同士、抱き合うこと(ハグ)が許される日。寒い冬に身も心も暖かくなれそうですね。